採用ページ

水産振興・資源管理プロジェクト
   @パプアニューギニア

[定置網試験調査プロジェクト]

Q3.

Q2.

Q1.

水産振興・資源管理プロジェクトとは?

プロジェクトの成果は?

OFCFホーム

具体的な内容は?

 試験調査プロジェクトということで少人数でも操業が可能な小型の定置網を導入し、定置網操業訓練に関する助言や指導、漁獲・販売データの収集や解析、スモールビジネスマネジメント、漁獲物処理や加工、本邦研修など多岐に亘って専門家が指導を行っています。

プロジェクト実施の背景は?

 パプアニューギニア政府は「中期開発戦略」において「地方沿岸漁業の発展」を主な戦略の一つに掲げ、中でも小規模漁業の持続的な発展を重要な施策の一つとしています。2009年にパプアニューギニア水産公社総裁が来日した際、日本の定置網漁業に興味を持ち、同国の沿岸漁業発展の一つとして小型定置網導入にかかる技術についてOFCFに支援要請がありました。パプアニューギニアは我が国のかつお・まぐろ漁業にとって重要な漁場の一つであり、OFCFは、日本と同国の良好な入漁関係を維持・発展させるために、専門家を派遣し技術指導を行うこととしました。

 関係国の水産振興に寄与することを目的に、沿岸漁業振興や資源管理、増養殖等に関する専門家を派遣し、必要な技術指導や機材供与など技術協力を実施するプロジェクトです。

 2013年にスタートしたプロジェクトは、当初一つのコミュニティ(村)で試験的に実施しましたが、2016年までに3か所のコミュニティで実施するに至りました。さらに、2017年には2か所追加し合計5か所での実施を予定しており、将来的には全土に小型定置網漁業が普及することが期待されます。

採用ページ
OFCF ホーム
事業紹介

Q4.