職員紹介

採用ページ
OFCFホーム
業務紹介

氏   名:森祥子
所   属:フィジー駐在員事務所
入 団 年:2015年
年   次:3年目
出 身 校:立命館大学
出 身 学 部 :法学部

休暇を取って友人とマナ島のビーチに行きました。


仕事を進める上でのモットーを教えて下さい。

 明るく楽しく働くことです。また、自分なりに計画を立て、スピードや完成度を考慮して効率的に業務を進められるようにしています。業務を通じて経験や知識が増え、以前よりも要領よく業務をこなせることを実感すると楽しさを感じます。

今まで心に残った業務上のエピソード

OFCFのいいところは?

現在の担当業務

 OFCFが各国で役に立っていることを感じるときです。
 相手国の関係者から財団事業に対する感謝の言葉を耳にしたり、OFCFのロゴマークがついた関連施設が現地で利用されているのを目にしたりして、自分たちの業務が実際に相手国で役立っていることを感じられるとやりがいを感じます。

入団したきっかけ

学生の方々にひとこと!

やりがいを感じるときは?



 のびのびと働けるところです。また、規模が大きい職場ではありませんが、その分入団間もない新人職員であっても責任のある仕事を任せられるチャンスがあります。



採用ページ
OFCF ホーム
業務紹介

 OFCFの事業内容や業務内容などに少しでも興味を感じたら、是非積極的に情報収集をしてエントリーを検討してみてください。
 一緒に働ける日を楽しみにしています!


 学生時代の留学や旅行の経験から、外国語を使って働くことや海外の人たちと関わって働くこと、海外駐在などグローバルな環境で働くことに興味や憧れがありました。OFCFではそういった仕事ができる機会があることに加え、公益性が高く多くの人の役に立つ仕事ができることに魅力を感じて入団を決めました。

仕事中@フィジー事務所


8:30    出勤 メールチェック

9:00    所内ミーティング

9:15      会計処理
        FDAPIN事業関連事務(専門家派遣依頼や資機材調達の書類作成)

13:00    休憩

14:00    支出実績及び支出計画のまとめ

16:30    退勤

 ラケトンバ島というフィジーの離島へのプロジェクト事前調査に出張で同行したことです。初めての出張で、専門家3名、カウンターパート2名と一緒にナウソリ空港から1時間15分程かけて小型のプロペラ機に乗って行きました。

 フィジー共和国の首都スバにあるフィジー駐在員事務所の所員として、所長1名、専門家1名、現地スタッフ1名とともに勤務しています。
 専門家派遣やプロジェクトに必要な資機材調達等のFDAPIN事業に関する事務や、フィジー事務所の会計管理等、様々な業務を行っています。

ある日のスケジュール

漁業局長会議でのレセプションで司会を担当。

ているのは、フィジーの民族衣装スルチャンバです。